社員50人以下の中小企業経営者様

お金に対する不安
解決いたします

~中小企業の資金繰りを支える会~

「月商3か月分の預金残高」を目指します

売上を増やし、利益を増やしても、お金は増えません・・・

資金繰りを改善するため、手元の預金を増やすべく、社長自らが営業され、売上が増え、利益も増えたものの、手元の預金は一向に増えていかない。
「どうしてこんなに業績が良くなっているに・・・お金は増えないのか」
こんな風に思われたことはありませんか?
ここには大きな誤解があるのです。
社長が売上を増やせば増やす程、仕入代や外注費、人件費や倉庫の家賃など、先立つ支払いが増える一方で資金繰りはかえって厳しくなるものなのです。

手元の預金を増やす方法とは?

会社を成長させようと思ったのなら、
それと同時に、できたらその前に、お金を増やしていく必要があるのです。
では、手元の預金を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?
いくつか方法はありますが、一番手っ取り早い方法と言えば・・・

それは、もちろん銀行から融資を受けることです。

お金に困らなくなる銀行との付き合い方

ただし、銀行からお金を借りるにもコツがあります。
それは、銀行の立場で考えることです。もっと言えば、支店の営業担当者や支店長の目線で考えることです。銀行員の立場を無視した交渉ではうまくいきません。銀行員の立場を理解し、彼らが喜ぶことを考え、実践すれば、銀行からお金を借りることが難しくなくなります。
例えば【資金繰り表を用意して銀行員と話をする】ことです。
銀行員は、いくら黒字決算だとしても、資金繰りが詰まれば会社が倒産することを知っています。ですから、会社の資金繰りについて、社長がしっかりと先読みしているのかは銀行員が一番気にしているところです。
この心配を払拭してくれるのが、資金繰り表なのです。
銀行員にとって、資金繰り表は最強のコミュニケーションツールであり、提出すれば一番喜ばれる資料なのに、残念ながら作っている中小企業はほとんどありません・・・。

お金のことを気軽にプロに相談できるコミュニティ

「銀行員とどのようにコミュニケーションをとったほうが良いのか」
「自社の規模から考えて何行くらいと付き合った方が良いのか」
「会社の状況からみて今は借りておいた方が良いのか」
「赤字決算になってしまったら、どう報告すれば良いのか」
「得意先が突然行方不明になってしまった」
「所有不動産は売ったらいくらになるのか」
「税金・社会保険が払えなくなってしまった」

などなど、銀行取引に関する悩みの他にもお金に関する悩みは
尽きないことと思います。

そんな状況を少しでも改善できればと考え、
この度、資金繰りに関する悩みを総合的に支援する
コミュニティをご用意いたしました。

サービス内容

毎月セミナー開催+動画配信

銀行員の立場をよく理解した銀行交渉を1コマ
資金にまつわる様々な経営課題に直面した際の
対応ノウハウを2コマ
計3コマのセミナーを毎月1回同日開催し、
動画配信も致します。

毎月のセミナー内容
①銀行交渉の基礎講座(1時間)
②各専門家によるノウハウ講座(1時間)
③各専門家によるノウハウ講座(1時間)

セミナー会場
税理士法人古田土会計 1Fセミナールーム
東京都江戸川区西葛西5-4-6-1F

交通:地下鉄東西線 西葛西駅下車 徒歩3分
(各駅停車をご利用ください。快速は止まりません)

セミナー内容(一例)

テーマ セミナー内容
銀行交渉 メガバンク・地方銀行・信用金庫・信用組合・政府系金融機関の特徴と融資スタンス
銀行交渉 元銀行出身コンサルタントが語る「赤字決算になってしまった場合の銀行への説明のポイント」 
銀行交渉 金融機関の本部と支店の役割、支店内の各役職別の役割とは? 
銀行交渉 資金調達コンサルタントが語る「新規の銀行とのスムーズな取引の始め方とは?そこに見える銀行員の習性」
銀行交渉 金融庁も後押ししている短期継続融資の活用ポイント 
銀行交渉 銀行員は御社の決算書のどこを見て、何を判断しているのか? 
銀行交渉 融資を申し込んだ時、銀行員から真っ先に聞かれる資金使途の説明方法 
事業再生 事業再生コンサルタントが語る「もしもの時に社長の自宅はどうなってしまうのか?」
事業再生 事業再生コンサルタントが語る「条件変更(リスケジュール)の交渉の技」 
海外進出 海外進出支援専門の公認会計士が語る「海外子会社の財務管理のポイントとは?」 
海外進出 海外進出支援専門の公認会計士が語る「海外進出の失敗例」
法律 弁護士が語る「正しい破産の知識とは?」 
法律 弁護士が語る「中小企業経営者の連帯保証の諸問題」 
不動産 不動産の専門家が語る「所有不動産は今いくらするのか?簡易的な時価算出方法とは?」
M&A 資金調達コンサルタントが語る「M&Aを考える前に!会社をより高く売るための企業価値の高め方とは?」
事業再生 事業再生コンサルタントが語る「もしもの時に社長の自宅はどうなってしまうのか?」

専門家無料相談権

いざ本当に困ったときになってから専門家を探しても、間に合わなくなる可能性は大いにあります。
何かが起きる前に相談できる人脈をつくっておければ、
いざという時にも安心です。
当コミュニティには、各分野においてトップクラスの専門家が在籍しており、あなたの会社を全面的にバックアップいたします。
セミナーの講師は、各専門家が務めますので、セミナーに参加していただき、信頼できる相手か否か、その人となりをお試しください。
注1 入会後、3か月経過した方からとなります。
注2 1回2時間が目安となります。
注3 場所は当事務所となります
   ※株式会社 古田土経営(東京都江戸川区西葛西5-4-6-3F)
    東京メトロ東西線 西葛西駅より徒歩3分 

在籍専門家一覧

財務・資金調達コンサルタント

吉田 学(よしだ まなぶ)

株式会社MBSコンサルティング 代表取締役。1998年の起業以来、「資金繰り・資金調達支援」に特化して創業者や中小事業者を支援してきた。これまでに1000社以上の資金調達相談・支援を行い、その資金調達支援総額は、優に20億円を超える。
主な著書に、「社長のための資金調達100の方法」(ダイヤモンド社)、「究極の資金調達マニュアル」(こう書房)、「税理士・会計士のための資金調達 ガイド」、「税理士・会計士のための事業再生ガイド」、「税理士・会計士のための創業融資支援ガイド」、「税理士・認定支援機関のための資金調達支援ガイド」(中央経済社)など。その他、ダイヤモンド社、日経BP、納税通信、税務弘報、企業診断、企業実務、大蔵財務協会(税のしるべ)、信金協会、新しい飲食店開業等の専門誌に執筆、連載。
また、現在、全国の経営者・士業などを対象にした会員制の資金調達勉強会「資金調達サポート会(FSS)」を主催している(創設10年、会員数約60名)。

資金調達コンサルタント

永尾 祐司(ながお ゆうじ)

インタープロス株式会社 代表取締役。1953年生れ、福岡県出身。某一部上場企業の開発部長を務めているとき、提携先の中小メーカーの社長の多くが資金繰りに悩んでおり、資金調達が可能になりさえすれば更なる製品開発が可能になるのに・・・という相談を多数受ける。日本の景気と雇用を支えている中小零細企業の現状を知り、少しでもお役に立ちたいという想いから、資金調達に関する研究を重ねに重ね、資金調達コンサルティングを自分の使命とした異色の経歴の持ち主。

圧倒的な資金調達力で中小企業をサポートし、過去10年間の資金調達の実績は138億円。

高額資金調達(5,000万円~200億円程度まで)の実績も他社を圧倒している。

事業再生コンサルタント

原田 伸也(はらだ しんや)

フィナンシャル・サポート代表。1962年生まれ。1986年商工組合中央金庫に入社。 17年間在籍し、その間、支店での融資が13年、本部でのリスケの諾否や不動産融資の規定作り等にも携わる。2002年、親族の外車販売会社入社。経営に従事。
2010年、中小企業の事業再生コンサルティング専門会社である株式会社フィナンシャル・インスティチュート入社。2015年、同社を退職し、独立。現在に至る。

財務コンサルタントとして54社の財務・収益・資金繰り改善に携わる。
「去年よりも今年、今年よりも来年、前月よりも今月、今月よりも来月、昨日より今日、今日より明日と、社長のお手許の現金を1円でも多く残して差し上げることが自分の最大の使命である」をモットーに、会社をつぶさず、会社と代表者に資金が残るようにあらゆる手だてを講ずるその姿勢には、中小企業経営者の信頼が厚い。

事業再生コンサルタント

国立 大助(くにたて だいすけ)

1974年生まれ。学習院大学法学部卒後、㈱バーミヤン(すかいらーくグループ)に入社。
3店舗の店長を歴任後、新店開発チームに配属され、その半年後に、群馬新潟エリアの地区長に就任。最大18店舗を管轄し、各種オペレーション開発の発案にも携わった。その後、本部企画室に配属され、主に経営企画担当・営業企画担当に就任し、800店規模の予算立案や販促企画を担当した。

2003年、㈱バーミヤンを退社し、株式会社湘南プランニングに入社。
事業再生コンサルタントとして、中小企業の再生に携わり、特に不動産を軸とした再生企画を専門とする。
任意売却スキームやリースバックスキームを駆使して、社長の自宅・本社ビル・店舗等の経営資源としての不動産の保全を行う事や、有効なオフバランスを行う事を得意とする。

保有資格:宅地建物取引士,競売不動産取引主任者,日本不動産仲裁機構登録調停人

海外進出支援コンサルタント

熊本 浩明(くまもと ひろあき)

株式会社グローバルジャパンコンサルティング(日本)代表取締役。 東京大学経済学部卒業。筑波大学MBA、公認会計士。 住友銀行(現三井住友銀行)、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)東京事務所、同香港事務所を経て、2011年に独立し日本企業の海外進出支援を行う。

現在、香港、インド、スリランカに拠点を持つとともに、公認会計士同期の提携ネットワークでタイ、ベトナム、インドネシア、シンガポールもカバーする。これまで200社以上の日本企業の海外事業展開を支援を行う。 日本の中小企業が海外に進出する際の海外市場調査、海外M&Aの相談を受けるとともに、進出後の海外事業モニタリングのお悩みの解決のサポートを行う。日本の中小企業が、海外での事業展開を行う際のボディーガード役として絶大な信頼を得ている。

弁護士

松尾 浩順(まつお ひろむね)

1980年生まれ。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、日本大学法科大学院修了。司法試験に合格後、第一東京弁護士会登録。東京海上日動火災保険株式会社を経てシグマ麹町法律事務所入所。

2014年同事務所パートナー就任。IT・不動産・人材派遣・製造業・保険・福祉事業・産業廃棄物・医薬品業など、上場企業からベンチャー企業まで20社を超える顧問先の業務を取り扱う。特に、不動産建築関係訴訟・労働関係訴訟・会社訴訟・破産倒産等の経験が豊富にあり、裁判実務について精通している。

中小企業の資金繰りを支える会 主催者

森尾 勝俊(もりお かつとし)
税理士法人古田土会計 エキスパートリーダー。1976年生まれ。法政大学経営学部経営学科卒。 税理士試験一部科目(簿記論・財務諸表論・法人税法・所得税法)合格後、2006年古田土会計グループに入社。 リーマンショック、東日本大震災と、未曽有の危機に見舞われた中小企業の支援ができない自分にふがいない想いを抱き、社内に金融プロジェクトを立ち上げ、外部専門家と提携を深めながら、年商1千万~年商50億円の企業まで、延べ500社以上の金融機関交渉、事業再生等の問題解決を支援。
現在、15の金融機関の営業担当者と提携し、中小企業の資金調達も支援。

ご負担はできる限り最小限にいたしました

中小企業の資金繰りを支える会の会費は月額5,400円(税込)です。
資金についてサポートするコミュニティですので、できる限りご負担は最小限にできればと思い、こちらの価格設定といたしました。

なお、会員資格は社員50人以下の中小企業経営者とその後継者であれば、だれでも加入していただくことが可能です。

※1年間の継続契約となり、その後は自動更新となります。
※お支払いは毎月27日にご指定の口座より引き落としになります。



お金に不安のない経営を実現するために

今、手許に100万円しかお金がなければ、自ずと100万円の範囲内でできるアイデアに絞られてしまいますが、もし手許に1億円のお金があれば、あれもやりたい、これもやりたいと次から次へとアイデアが湧き出てくるはずです。
「利益が出たからお金が貯まるのではなく、お金があるから利益も出せる」と言えると思います。
当コミュニティは、「社長が資金の悩みから開放され、本来専念すべき事業経営に集中できるようにしたい」という想いではじめました。
「日本中の中小企業を元気にする」という使命感にもとづき、微力ではありますがご支援させていただきます。



よくある質問

  • Q
    セミナーには参加できない回もあるのですが、大丈夫でしょうか。
    A
    講義はセミナー開催の2週間後、会員専用ページに動画をアップします。また講義で使ったレジメはすべてダウンロードすることができますので、セミナーに参加できない回や、もう1度復習したい際にぜひご活用ください。
  • Q
    受講はいつからでも良いのでしょうか。
    A
    受講は何月からでも可能です。また、入会前の過去のセミナー動画も全て視聴可能ですが、専門家への無料相談は入会して3か月経過した方からとなります。ご注意ください。
  • Q
    お支払い方法を教えてください。
    A
    クレジットカード決済のみとなります。

  • Q
    入会金はありますか?契約期間は?
    A
    会員制ですが入会金はございません。契約期間は最低1年間の継続契約となっています。
    1年経過後はお申し出がない限り、自動継続となります。
  • Q
    退会の方法を教えてください。
    A
    退会をご希望の場合にはfinance@kodato.comまでメールでお申し出下さい。
    お申し出の翌月末日をもちまして退会、サービス停止とさせていただきます。
  • Q
    受講はいつからでも良いのでしょうか。
    A
    受講は何月からでも可能です。また、入会前の過去のセミナー動画も全て視聴可能ですが、専門家への無料相談は入会して3か月経過した方からとなります。ご注意ください。

株式会社古田土経営の会社概要

会社名:株式会社古田土経営

代表取締役会長:古田土 満

代表取締役社長:飯島 彰仁

場所:東京都江戸川区西葛西5-4-6 アールズコート1~3階
全国約2,200社の中小企業を対象に、230名の会計事務所として事業運営。(2019年1月現在)
・売上高1,780百万円、経常利益額340百万円、 自己資本比率90%以上、無借金(2018年12月実績)
・営業活動しないで創業以来36年連続増収中 (毎年対前年5~10%の成長を維持)
・朝礼見学者数は、会計事務所業界一 (600~800名/年が参加、過去2度TVでも紹介される)
・会計人向けのセミナー参加者のべ6,000名以上 (2018年12月現在)
・中小企業向けへの経営計画作成支援実績数 業界一
・代表 古田土満 著「中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ!(秀作社出版)」は、amazon総合第1位を獲得
・「お役立ち会計事務所 全国100選 2017年度版 (実務経営サービス)」にも選出される。

・受賞歴一覧

  東京ワークライフバランス認定企業(東京都)、おもてなし経営企業30選(経済産業省)

  がんばる中小企業300社(中小企業庁)、東京都障碍者雇用優良企業(東京都)

  精神障碍者等雇用優良企業(厚生労働省)、人づくり大賞中小企業社員育成法18選(日経BP社)

  パートタイム労働者活躍推進企業優良賞(厚生労働省)、攻めのIT経営中小企業百選(経済産業省)

  新ダイバーシティ経営企業100選(経済産業省)